<< モノづくりSONYの復権なるか? MDR-EX90SL | main | 自転車に乗ろうの巻 >>

スポンサーサイト

  • 2008.01.21 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

これが同じメーカーのカーボンモデル?!

少し前の話になるが、3月に都内のショップで行われた試乗会で
COLNAGO C50, Extreme-C, Cristalloに乗ってきた。

同じメーカーのフルカーボンフレーム、しかもジオメトリは3車種共通とあって「3モデルも必要なの?」と言うのが一般ユーザーの考え方だろう。
これに対してコルナゴ・ジャパンはコンポやホイールはシマノ・デュラエースで統一、タイヤまで同じ銘柄という完全な「比較試乗車」を用意してきた。是非自分で違いを確かめてください、というワケだ。

と言うことで乗った感想は…
Cristallo:カーボン的な柔らかさが第一印象。しかし決して「軟らか」ではない。ペダリングを無駄にせず、かと言って路面の荒れはきれいにいなして前に進むしなやかさだ。タイムよりも長距離を確実に走りきるロングライド系におすすめ、と言いたいがレースにだって十二分に使える。
C50:硬さで言うと他の2台の中間といった感じ。平地でもがくと進む進む。高速での伸びが気持ちいい。きっちりポジションを合わせてビンディングペダルを使い、すぐレースに
Extreme-C:ペダルを踏むとすぐ分かる位、明らかに他の2台より硬い。踏んだ感じがアルミのようにパキパキ感とレスポンスが有る。しかしその分脚への負担は大きそうだ。自分のような初心者だとヒルクライムにしか使えないか?しかしこのコギの軽さは魅力的。是非一度登りで使ってみたい!

ということで、3車3様の魅力があった。ファンライド誌で同一メーカーの松竹梅比較なんて記事が有ったが(ついでにマシンもこの時試乗した物だ)、自分に言わせれば少しずつ方向性が違うだけで、どれも文句無しに松レベルのフレームだ。
安い買物ではないが、目的さえ決めておけばどれを選んでもハズレにはならないと断言できる。

スポンサーサイト

  • 2008.01.21 Monday
  • -
  • 23:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
こんにちは。
同様の価格帯で3種類ものカーボンフレームを売り分けているのってコルナゴしかないんじゃないでしょうかね?たいした自信です。今年から一気に車種が増えたのでNBSの営業マンも大変ですね(笑)。
そうですね、例えばTREKも複数のカーボンモデルをラインナップしてますが、レース系のMadoneとコンフォート系のPilotの2つに分けて、その中でそれぞれランク分けをしています。
コルナゴは他にカーボンだけでもE1やPresident、それに今度出るExtreme-Powerと他人事ながら営業マン氏が心配になります(笑)。
彼の苦労に報いるためにも(?)、かずさんも是非一度比較試乗してみてください。
  • ryo-73
  • 2006/07/22 12:08 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
ラスムッセンの自転車
今年のツールもピレネー山脈に入ってようや...
  • :::kazu-style.com::: 2.0
  • 2006/07/20 8:56 AM
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM